通関士試験には資格予備校に通うのがおすすめ!現役通関士が解説

通関士試験

こんにちは、通関士のゆうきです!

この記事はこんな疑問を持つ方向けです。

通関士試験対策として資格予備校に通うのはあり?
金額に見合った効果はある?

私のこんな経験を元にしています。

事務員を3年経験後、現在は通関士として勤務。
通関士試験には独学で合格。
資格予備校に通っておけばよかったと後悔している。

この記事を読むとこんなことが分かります。

通関士試験対策として、資格予備校に通うのがベスト。
合格はもちろん、仕事にも活かせる知識が身に付く。
資格予備校で合格できない人は、独学・通信講座でも不合格。
不合格した後の1年は長い。ベストを尽くすべき。

通関士試験には資格予備校を選択すべき

通関士試験の受験生は資格予備校に通うのがベストです。
合格に必要な知識・仕事に活かせる知識 どちらも習得することができます。

【資格予備校だけが提供できる強み】
1. わかりやすい授業《いつでも質問可能》
2. 高品質なテキスト・問題集《合格に十分なレベル》

この二つどちらも兼ね備えた勉強方法は他にありません。

それぞれ見ていきます。

わかりやすい授業【いつでも質問可能!】

資格予備校の授業は非常にわかりやすいです。
初学者向けにプロの講師が最高品質の授業を提供しています。

対面形式の授業が品質を高めているのが要因です。
生徒の反応・授業後の質問を参考に、授業が改善されています。

通関士試験の概要を説明する動画は誰でも視聴可能です。
初学者には馴染みが無い、通関士試験の内容を丁寧に解説しています。

どんな授業がされているのか気になる方はこちら。

ゆうき
ゆうき

私はこういった授業を全く受けずに独学で受験をしました。
今では無駄な苦労をしたな。。と後悔しています。

通関士試験は法律の知識を問われる試験です。
試験範囲の法律を根拠に、問題文の内容が適切かを判断します。

独学でも試験問題は解けるようになるでしょう。
ただ、『答えの根拠となる法律が何か』わからなくなるのです。
独学で学習を進めると『この問題の答えはこれ!』という覚え方をしてしまいますから。

資格予備校の授業は『法律を根拠にした説明』をわかりやすく提供してくれます。
試験問題に対応できるのはもちろん、仕事でも活かせる体系的な知識を身に付けることが出来るでしょう。

高品質な問題集【合格に十分なレベル!】

資格予備校の教材は高品質です。
やりこめば合格に必要な知識を十分に蓄えることができます。

ゆうき
ゆうき

資格予備校が出版している市販問題集を見てください。
ある程度の問題数をそろえたシンプルな作りになっているはずです。

確かに、もっとわかりやすい問題集は市販されています。
イラストや図解を用いたものが初学者の目に付きやすいですよね。
購入する初学者の気持ちもわかります。

ただ、『わかりやすい』問題集は合格に不十分なのです。
基礎問題・その解説にページ数を費やすため、合否を分ける重要問題を載せきれません。

資格予備校の問題集は確かに『わかりやすさ』を補強する基礎問題が少なめです。
そのかわり、合格に十分なレベルの情報を提供してくれます。
『わかりやすさ』が必要な基本事項は授業で伝えますからね。

資格予備校の問題集は『合格に十分なレベル』の問題量と質を備えています。
やりこめば知識面で不合格となる可能性はないでしょう。

資格予備校で不合格なら、何を使っても不合格

資格予備校を利用して不合格の場合、何をしても結果は変わりません。
資格予備校に通うことが最も合格率を最大化します。

その理由は資格予備校が『わかりやすさ』と『十分な問題演習』を兼ね備えているからです。

ゆうき
ゆうき

資格予備校の授業を真面目に受けてください。
提供された教材を言われた通りにこなしてください。
そうすれば、合格ラインの実力は必ず付きます。

確かに、資格予備校の言う通りに努力した結果、不合格となる人もいます。
その理由は『申告書問題』を得点できなかったことです。

通関士試験には運が必要と言われる問題があります。
それが申告書問題です。

数年に一度、著しく難易度の高い申告書問題が出題され、その影響で不合格となる受験生がたくさんいます。
この影響はどんな勉強方法をしても回避できません。

ただ、資格予備校の受講生がこれ以外の理由で落ちたと聞いたことがありません。

一方、独学や通信講座ではどうかというと。
意外にも知識不足で落ちたという話をたくさん聞くのです。
もちろん、皆さん自分では満足いくまで学習を進めていました。

資格予備校に通うことで『申告書問題』以外の不合格リスクを無くすことができます。

通関士試験は1年に1回しかない試験です。
落ちてからの1年間は本当に辛く、退屈に感じます。

合格率を少しでも上げるために、資格予備校を利用すべきです。

まとめ

この記事は通関士試験には資格予備校に通うべきと紹介しました。

ポイントはこんな感じです。

  • 通関士試験対策として、資格予備校に通うのがベスト。
  • 合格はもちろん、仕事にも活かせる知識が身に付く。
  • 資格予備校で合格できない人は、独学・通信講座でも不合格。
  • 不合格した後の1年は長い。ベストを尽くすべき。
ゆうき
ゆうき

以上で幕引きにござる

コメント

タイトルとURLをコピーしました