国家資格『通関士』の仕事内容を現役通関士が紹介【貿易事務とは別物】

通関士の仕事内容
国家資格職『通関士』ってどんな仕事内容なの?
貿易事務との明確な違いはあるの?
会社によって通関士の仕事内容は全然違うの?

『通関士』は貿易のニッチな部分に特化した職業です。

日本で貿易する全ての貨物が税関に申告されなくてはなりません。
税関への申告は『通関業務』と呼ばれ、輸出者・輸入者がその義務を負うと定められています。

他人を代理代行して『通関業務』を行えるのが国家資格職『通関士』です。
現実的には通関業務の周辺業務も兼任することになるでしょう。

この記事を読むことで、あなたは通関士の業務内容をかなり詳しく理解することができます。
業務内容の実態を知り、キャリア形成の参考にしてください。

ゆうき
ゆうき

現役通関士の私が詳しく解説します。

通関士は貿易のニッチな分野に特化した仕事

通関士は貿易のほんの一部分を専門とする職業です。

貿易に必要な業務は幅広く、いくつもの役割があります。
通関士はその中でも『税関とのやり取り』をメインで担当することとなるでしょう。
法律を根拠として進める仕事です。

通関士と似た仕事内容で『貿易事務』があります。
貿易事務の仕事内容は『モノを運ぶため』の様々な手配です。
貿易スケジュールに間に合わせるため、調整能力・コミュニケーション能力が求められる仕事と理解してください。

貿易に必要な手配はたくさんある

モノを貿易するためには様々な手配が必要になります。
たくさんの人がそれぞれの役割をこなし、貿易は成り立っているのです。

貿易にはこんな手配が必要になります。

  • 船・飛行機の手配
  • 貨物を一時蔵置する倉庫の手配
  • 貨物を積載するトラックの手配
  • 貿易に必要な書類の作成
  • 各官公庁への許可・承認手続き
  • など

ここでは紹介しきれないほど、貿易には多くの手配が必要です。
貿易に関わる仕事と一口に言っても、業界・会社・所属部署によって仕事内容が大きく異なるでしょう。

通関士と貿易事務の違い

通関士と似ている仕事に貿易事務があります。
通関士の仕事を理解するには貿易事務との差を知るとスムーズです。

貿易事務は『モノを運ぶため』の手配を行います。
貿易を納期に間に合わせるため、幅広い関係者とタイムリーで綿密なやり取りを必要とされるでしょう。

通関士は『税関から許可を貰うため』の処理を行います。
モノを運ぶのではなく、モノを運ぶ許可を得るための仕事です。
主に貿易書類の内容が法律に適しているかを確認し、税関に貿易貨物について申告する業務を担います。

貿易事務は『モノを運ぶため』の手配を行う

貿易事務は貿易に関わる仕事に幅広く用いられる職業名です。
モノを運ぶための手配全般がそう呼ばれます。

具体的にはこんな処理をしているでしょう。

  • 貿易書類の作成
  • 船や飛行機の手配
  • 貨物を一時蔵置する倉庫の手配
  • 貨物を積載するトラックの手配

法律で定められたことではなく、『貨物を運ぶために必要な処理』です。
官公庁等と関わることは少なく、貿易・物流企業の社員と関わることになります。

通関士は『税関から許可を貰うため』の処理を行う

通関士は税関からの許可を受けるための処理をこなします。
貿易書類の内容が法律に基づいているかをチェックし、税関へその内容を申告する職業です。

実際に貨物を動かす力は通関士にはありません。
『法律的に貨物を輸送して良い状態』にするのが仕事です。

貿易に関わる仕事の中でも、『税関への申告』は特殊な業務でしょう。

『税関への申告業務』を義務付けられているのは『輸出者・輸入者』です。
『輸出者・輸入者』を代理代行し、『税関への申告業務』を行うことができるのは『通関士だけ』と法律で定められています。

通関士は税関とのやり取りを頻繁に行い、法律を根拠とした書類仕事をメインとします。

通関士は『他人を代理代行して税関への申告』ができる存在

通関士は他人を代理代行し、『税関への申告業務』をこなすことができます。
逆に、『税関への申告』を代理代行できるのは通関士だけです。

貿易の仕事で『代理代行の条件』が法律で規制されるのは稀です。
恐らく、『税関への申告業務』だけでしょう。

例えば、船のスペース予約は誰でも行うことができます。
輸出入者から依頼を受ければ誰でも対応可能です。

ただし、税関への申告業務を行える人は限定されます。
『輸出入者』or『依頼を受けた通関士』、いずれかだけしか対応できません。

通関士は税関への申告業務を代行できる唯一の職業だと理解してください。

通関士の具体的な業務内容

通関士は『税関への申告業務』を中心に、その周辺業務を担当することになります。

『税関への申告業務』はいわゆる『通関業務』のことです。
通関士は業務時間の大半を通関業務に費やすことになります。

また、通関士の仕事は通関業務だけではありません。
通関士が処理したほうが効率的とされる業務も任されるでしょう。

通関業務

通関士がメインで取り組むのが『通関業務』です。

大きく次の二つに分類することができます。

  1. 輸出貨物を税関に申告する輸出通関業務。
  2. 輸入貨物を税関に申告する輸入通関業務。
輸出通関と輸入通関の違いはこちらの記事で詳しく紹介しています。
【通関士の仕事内容】輸出と輸入で通関業務にどんな違いがあるの?

輸出通関業務

輸出貨物を税関に申告する業務を『輸出通関業務』と呼びます。

日本から輸出する貨物について税関に報告する業務です。
『何を』『どこの国に』『いくつ』輸出するのかを貿易書類から読み取り、輸出申告書を作成します。

通関士が頭を悩ませるのは輸出統計品目番号の確定です。
貨物がどの輸出統計品目番号に分類されるか判断する際に通関士の知識と経験が問われます。

輸出統計品目番号についてはこちらの記事で紹介しています。
【輸出通関の必須知識】輸出統計品目番号を知ると仕事の幅が広がる話

基本的に、輸出に税金はかかりません。
輸入通関に比べ、輸出通関はミスのリスクが小さいとされています。

輸出担当の通関士は税金計算を行うことは無く、機械的に・スピーディーに輸出通関を処理することが求められるでしょう。

輸入通関業務

輸入貨物を税関に申告する業務を『輸入通関業務』と呼びます。

『何を』『どこの国から』『いくつ』輸入するのかを貿易書類から読み取るのはもちろん、『支払うべき税金はいくらか』を計算し、輸入申告書を作成します。

通関士は輸入統計品目番号(輸入税番)の判断を慎重に行います。
輸入で支払うべき税金を決めるのは輸入税番であり、判断を間違えると大損害となる可能性があるためです。

輸入統計品目番号(輸入税番)についてはこちらの記事で紹介しています。
【輸入税番】輸入統計品目番号とは?通関士が一番頭を悩ませるもの。

輸入通関業務は金銭的な損害に繋がりやすい仕事です。
輸入担当の通関士は緻密な税金計算を行うため、ミス無く・慎重に輸入通関を処理することが求められるでしょう。

その他の仕事

通関士の仕事は『通関業務』だけではありません。
誰にでも任せられるが、通関士に兼任させるのが効率良いとされる仕事があります。

具体的には次のような仕事です。

  • 他法令業務
  • ランナー業務
  • 貿易に関する問い合わせ対応業務

それぞれ見ていきます。

他法令業務

通関士のメイン業務に『他法令業務』と呼ばれるものがあります。
『通関業務』に負けず劣らず、重要な業務とされているでしょう。

他法令とは『”税関以外の官公庁”の許可・承認が貿易に必要と定めた法律』のことです。

一部の貨物は『税関以外の官公庁』から輸出入の許可・承認を受ける必要があります。
この許可・承認を受けるための処理が『他法令業務』です。

他法令業務についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
【通関業務をしない通関士】他法令業務を専門とする通関士もいる

一般に、通関士が申請を行う他法令は一部です。
具体的には次の通り。

  • 食品衛生法(検疫所から承認を受ける)
  • 家畜伝染病予防法(動物検疫所から承認を受ける)
  • 植物防疫法(植物検疫所から承認を受ける)

他法令業務を専門で取り扱う通関士もいます。
税関のことより、食品・動物・植物について詳しくなるでしょう。

ランナー業務

通関士の外回り業務を『ランナー業務』と呼びます。
新人通関士が最初に任される仕事でしょう。

ランナー業務の詳細はこちらの記事で紹介しています。
通関士の最初の仕事『ランナー業務』内容を現役通関士が紹介!!

意外かもしれませんが、通関業者では毎日のように外回り業務が発生します。
具体的な理由は次の通りです。

  • 税関検査受験のために税関へ向かう。
  • 重要書類提出のために税関へ向かう。
  • 他法令書類提出のために検疫所へ向かう。
  • 他法令関連の検査を受検するために港・倉庫へ向かう。

一回の外出で1~2時間かかることも珍しくありません。
車の運転が苦手な方は苦労するでしょう。

ランナー業務を任される通関士は、業務時間のかなりの部分を費やす必要があることを覚えておいてください。

貿易に関する問い合わせ対応業務

通関士は貿易の専門家です。
貿易・物流企業内で専門知識を頼られることはもちろん、専門外の内容まで質問されます。

貿易・物流企業の社員は『通関士の担当範囲』を理解していません。
通関士は貿易に関することなら何でも知っていると勘違いしています。
業務上わからないことは何でも、積極的に質問してくるでしょう。

通関士の貿易に関する問い合わせ対応はこちらの記事で紹介しています。
通関士は貿易の専門家! 社内外から頼られる理由を現役通関士が紹介

実は、『質問に答えること』が最も難易度の高い業務です。
通関士は自身の担当業務外の質問に答えられないだけで失望されることを理解してください。

所属する通関業者によって通関士の仕事内容が変わる

通関士は専門性の強い仕事ですが、全員が同じ業務をこなすわけではありません。
通関士の仕事内容は『所属する通関業者』に大きく影響されます。

通関業者についてはこちらの記事で紹介しています。
通関業者って何?具体的にどんな会社があるの?現役通関士が解説

主に次の2点が通関業者によって決まり、個人の努力ではどうしようもありません。

  1. 海上貨物/航空貨物 どちらを担当するのか
  2. 通関業務の依頼主が誰か

それぞれ見ていきます。

海上貨物/航空貨物どちらを担当するかが変わる

通関業者は『海上貨物or航空貨物』いずれかを専門で取り扱うのが一般的です。
どちらも担当する規模の大きな通関業者もありますが、通関営業所ごとに担当は明確に分かれているでしょう。

航空貨物を専門で取り扱う通関業者は空港周辺に、海上貨物を専門で取り扱う通関業者は港周辺に集積しています。
通関士は業務都合上、貨物の近くに何度も足を運ぶためです。

海上貨物と航空貨物の違いについてはこちらの記事で紹介しています。
【通関士の仕事内容】海上と航空で通関業務にどんな違いがあるの?

海上/航空 どちらを担当するかで身に付くスキル・激務度など 全く異なります。
所属する通関業者の選択が通関士の仕事内容・働き方・キャリアに大きく影響することを覚えておいてください。

通関業務の依頼主が変わる

所属する通関業者の規模によって、顧客が変わります。

規模の大きな通関業者はメーカーや商社から直接通関依頼を受け、規模の小さな通関業者は大きな通関業者から通関依頼を受けるでしょう。

大きな通関業者は他の貿易サービスも一貫して提供するため、メーカーや商社が『貿易業務のついでに』通関業務も依頼してきます。

規模が小さな通関業者はメーカーや商社から直接依頼を獲得することは少なく、大きな通関業者の下請けのような仕事の取り方をする傾向にあります。
『うまみの無い仕事』を押し付けられることもあることを理解して下さい。

通関士の仕事内容まとめ

この記事は通関士の仕事内容ついて紹介しました。

ポイントはこんなところです。

  • 通関士は『通関業務』に特化したニッチな職業。
  • 『輸入申告業務』『輸出申告業務』が通関士のメイン業務。
  • 『他法令業務』に特化した通関士もいる。
  • 通関業者が『海上/航空どちらを担当するか』・『顧客が誰になるか』に影響する。
ゆうき
ゆうき

通関士は貿易の法律に特化した仕事内容です。
誰も詳しく理解していないレアな職業でしょう。
通関士しか知らない希少価値の高い知識がたくさんあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました