【通関士の仕事内容】輸出と輸入で通関業務にどんな違いがあるの?

通関士の仕事内容
通関士の求人を読んでも業務内容をイメージできない。。。
輸出と輸入どっちをメインで取り扱う通関士がいいの?
輸出/輸入どんな特徴があって、どういう人に向いてるの?

輸出通関業務はとにかく処理能力を求められます。
ミスが発覚しにくいため、1人あたりに課せられる件数が多くなるからです。

一方、輸入通関業務はとにかくミスが許されません。
輸入税の支払いが発生するため、ミスが大損害に繋がるからです。

この記事を読むことで、あなたは輸出通関/輸入通関 どちらに向いてるか判断することができます。

ゆうき
ゆうき

現在は輸入通関業務を担当、過去に輸出通関経験もある私が詳しく解説します。

【大前提】輸出と輸入とは?

貿易業界で仕事をすると、輸出と輸入に関わることとなります。
貿易関係者は輸出と輸入について下記認識を持っているでしょう。

輸出は『日本から海外に貨物を送り出すこと』
輸入は『海外から日本に貨物を引き取ること』
これは法律で定められた定義ではありません。
あくまでも貿易関係の仕事でそのような理解をしている人が多いと考えてください。

通関士が関わる輸出案件・輸入案件について簡単に説明します。

輸出とは、日本から海外に貨物を送り出すこと

日本から海外へ貨物を送り出すことを輸出といいます。

許可を受けていないモノを海外へ運ぶことはできません。
日本から出ていく貨物を税関に伝えるのが通関士の輸出申告業務です。

輸出業務を担当する通関士が処理するのは『輸出申告』だけではありません。
『積戻し申告』も担当することとなります。

積戻し申告とは、海外から日本に来た貨物を『輸入許可にはせず』海外に送り返すことです。

通関士以外の方にとっては同じ『輸出通関業務』でも、通関士にとって『輸出申告』と『積戻し申告』があることは覚えておいて下さい。

輸入とは、海外から日本に貨物を引き取ること

海外から日本に貨物を引き取ることを輸入と言います。

輸入許可を受けていないモノを日本国内に流通させることはできません。
海外から到着した貨物を税関に伝えるのが通関士の輸入申告業務です。

通関士は輸入申告と同時に『納税申告』もすることになります。
貨物を輸入するためには、『関税』『消費税』を税関に納める必要があるためです。

輸入申告は輸入貨物の情報だけでなく、必要な税金額も併せて税関に申告していることを覚えておいてください。

輸出通関と輸入通関の違いは?

輸出通関と輸入通関には明確な違いがあります。
どちらの業務をメイン担当するかによって、通関士の働き方は大きく変わるでしょう。

異なるポイントは次の3点です。

  1. 税金計算の有無
  2. 処理に必要な書類の量
  3. 税関とのやり取り

それぞれ見ていきます。

輸出通関の特徴3つ

輸出通関は単純業務になりがちです。

税金は基本的に発生せず、必要な書類が少なく、税関から厳しい質問攻めを受けることがすくないでしょう。

基本的に税金計算をしない

輸出貨物に税金はかかりません。
必要なのは『税関に貨物の内容を報告』することだけだと理解してください。

輸出担当の通関士は『貨物が何であるか』を理解できればOKです。
貨物が分類される輸出統計番号を判断できれば、その輸出通関業務はほぼクリアと言えます。

通関に必要な書類が少ない傾向

輸出申告のために必要な書類は少ないです。
輸入申告と比べるとその差は歴然でしょう。

輸出には税金がかからないため、輸入で必須の税金計算に要する資料が不要なのです。
具体的には次の書類を取り寄せる必要がありません。

  • 海外への輸送費用が分かる書類
  • 貨物輸送に対して付保した保険料が分かる書類
  • 輸入税を軽減するための各種証明書

税関のチェックが甘いかも

税関による輸出申告の内容チェックが甘い傾向にあります。

この点は通関士ゆうきの感想であり、何の根拠もない主張です。
ご了承ください。

通関士の申告内容は毎回税関にチェックされるわけではありません。
次の3パターンに分類されます。

  1. 税関のチェックを受けず、輸出(輸入)許可となる場合。
  2. 税関が書類内容を確認し、輸出(輸入)許可となる場合。
  3. 税関が貨物現物検査を実施し、輸出(輸入)許可となる場合。

輸出申告は『税関が何もチェックをしないまま輸出許可』になる頻度が高いです。
『貨物現物検査』が実施されるケースは本当に稀でしょう。

輸入通関の特徴3つ

輸入通関は通関士のミスが大問題になる仕事です。

輸入税の計算が必須であり、必要書類が多く、税関のチェックが厳しい傾向にあります。
税金計算を誤り、税関や顧客に追及され、辛い気持ちになる通関士は後を絶たないでしょう。

税金計算が必須

貨物を輸入するためには、税関に税金を支払う必要があります。
輸入担当の通関士は『税関に貨物の内容を報告』+『税関に支払うべき税金額を報告』どちらもしなくてはなりません。

この『税金額の報告』が通関士にプレッシャーを与えます。

輸入貨物の税金額を決める要素は次の通りです。

  • 貨物金額 (輸送費用・保険費用も含める)
  • 貨物がどの輸入統計品目番号に分類されるか
  • 税金を安くする制度を適用するか否か

この情報を税関に報告するのが通関士の重要業務なのです。
タイプミス、勘違いなどで余分な税金を納めてしまう通関士が後を絶ちません。

輸入を担当する通関士は税金計算をするため、ミスが大損害に繋がりかねないことを理解してください。

通関に必要な書類が多い傾向

輸入申告をするために必要な書類は多いです。
輸出に比べるとその差は歴然でしょう。

その理由は輸入税の金額を確定させるための情報も必要だからです。
具体的には輸出に必要な書類に加え、次の書類を取り寄せることになります。

  • 海外への輸送費用が分かる書類
  • 貨物輸送に対して付保した保険料が分かる書類
  • 輸入税を軽減するための各種証明書

輸入申告は税金の計算に必要な書類も要するため、たくさんの書類に目を通す必要があることを覚えておいてください。

税関のチェックが厳しいかも

輸入申告の内容を税関は本当に細かくチェックしてきます。
書類審査・貨物現物検査の頻度が輸出に比べて多いです。

通関士ゆうきには税関関係の知人がいないため、何故この傾向があるのか真の理由はわかりません。

輸出よりも輸入に税関は目を光らせている傾向を大半の通関士が感じています。
輸入税の確保・密輸の撲滅・その他さまざまな要因が重なっていると理解しましょう。

輸出通関/輸入通関 に向いてる人は?

輸出通関・輸入通関は全く別の業務内容です。

輸出通関は単純業務をスピーディーにこなすことが求められます。
一方、輸入通関はミスなく丁寧な仕事が求められるでしょう。

輸出通関は仕組み作りが上手い人に向いてる

輸出通関業務には仕組みづくりが上手い人が向いています。

輸出担当の通関士に求められるのは細かさや丁寧さではありません。
ミスをしてもそこまで問題にならないケースが多いためです。

何件ミスをしたかよりも、何件処理をしたかが重視されるでしょう。
単純業務を仕組化し、効率的な業務運用を構築できる人材が向いています。

輸出担当の通関士に適性があるのは、システマチックな仕組みを作れる人と理解してください。

輸入通関は心配性な人に向いてる

輸入通関業務には心配性な人が向いています。

輸入担当の通関士にはスピードはそこまで求められません。
ミスが大問題・大損害になる可能性が高いためです。

確実な仕事の進め方をする人材が重宝されます。
『輸入税』への深い知識も求められるため、気を抜かず常に新しい知識をインプットし続ける必要もあるでしょう。

輸入担当に通関士に適性があるのは、細部まで念のため確認してしまう人だと理解してください。

【輸出or輸入】通関業務の違いまとめ

この記事は輸出通関と輸入通関の違いついて紹介しました。

ポイントはこんなところです。

  • 輸出通関には税金の計算が不要で、多く件数を処理することを求められる。
  • システマチックな仕組みを作れる人に向いてる。
  • 輸入通関には税金の計算が必須で、ミスの無さが求められる。
  • 細部まで念のため確認してしまう人に向いてる。
ゆうき
ゆうき

輸出/輸入どちらをメイン担当とするかは通関士の働き方を大きく左右するでしょう。
輸出担当で評価される通関士が輸入ではイマイチ。。なんてこともあります。
適性・必要なスキルが大きく異なることを理解してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました